浮気・不倫について考える

久しぶりに投稿をしたいなと思ったので、書き進めてみる。

今日は浮気と不倫について。とりあえずこの2つの言葉の違いで、不倫は結婚関係にある場合のみ使うみたいな感じなので、これ以降は二つまとめて、浮気と表記しよう。

なぜ急に浮気についてなのかというと、ちょうど今読んでる本で、壇蜜が芸能人の浮気をメディアや世の中が批判し過ぎているような気がすると言っていて、確かにと思ったからである。(なぜこれを読んでいるのかは自分でもわかっていない笑)

確かに、浮気って別に違法麻薬とかではないし、特に自分たち一般人に大きな影響を与えるわけではないのに、やたら批判がされている。ベッキーも浮気をして(されて?)、芸能界から一時的にだが大きく退いたし、特に女性の浮気は批判されている。

自分は結婚してからの浮気って絶対にあるような気がしてしまう。学生で1年も付き合っていない彼女がいる自分が、今の段階でこんなことを言っているようじゃ、絶対自分も浮気するだろうみたいに周りから言われるが、浮気なんてしないし、そもそも自分が浮気をしたいと思ってしまうような人と結婚はしない、とかみんな言う。しかし、僕からしたら、それは綺麗事にしか聞こえない。結局、数年しか付き合っていない人と、これから数十年過ごしていく中で、そこまで確証を持って言えるのか?

別に僕は将来浮気をしたいなんて一切思っていないが、そんな確実性がないのに、浮気をしないなんてよく言えたもんだなと思ってしまう。

戻るが、それでも浮気は批判されるべきと最近思ってきた。というのもこの映画をみたらそう思わざるを得ない。

「運命の女」

少し古い映画だが、たまたまWOWOWでやっていて、思わず目を離せなくなってしまった。内容は、結婚している女性があるきっかけで別の男性との関係にのめりこんでいく物語だ。これは完全に浮気の話だが、結末は観てのお楽しみだが、もちろんハッピーエンドでは終わらない。

浮気は第三者がやる分には、面白い程度で終わるが、自分が当事者になると、本当に厳しい仕打ちが返ってくる。芸能人のスキャンダルに厳しくするということは、社会として浮気を悪いものであると厳しく認識するべきものであるからだ。もちろん芸能人を犠牲にしている点は申し訳ないが…

ちなみにこの映画を観て思ったことは、男性の浮気は遊びで、そこまでのめり込むことはないが、女性の浮気はそこに愛が生まれ、のめり込んでしまう傾向があるような気がする。だから女性の浮気を映画にしたサスペンスは人気があるし面白い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中