サブスクリプションを考える

サブスクリプションという言葉が知られるようになって、結構経った気がする。自分がAdobeを使い始めた頃にはすでに、サブスク型になっていた。

 

 

時代はサブスクだと思った僕は、安直にこの本を読んだ。

サブスクって要するに月額料金性のことでしょ?と思っている人はこれを読んで、サブスクの本質を知るべきである。

 

そんな感じで自分は今どんなサブスクのサービスに加入しているのか、クレカの明細を見ながら確認してみた。

 

NETFLIX

言わずと知れたビデオサービスの重鎮である。

 

NewsPicks

ニュースに興味を持ち始めるきっかけをくれた。今では暇つぶしに開くほど。

 

朝日新聞デジタル

新聞は電子版。いまいちデータを有効活用できているのかはわからない。

 

Apple,Googleのストーレジ拡張

お金はストレージ拡張に払っているものの、この両者には自分のデータが筒抜けで、立派なサブスクである。

 

Spotify

音楽はこれ。

 

Amazon Student Prime

amazonには購買データが完璧に記憶されている。ちなみにkindleの読み放題にも加入。

 

他にもお金を払っていないが加入していうるものはありそうだが、キリがなさそう。

 

自分にとってのサブスクは切っても切り離せなくなる。そして何よりも、自分の行動データを全部サービス側にはわかっていてほしい。無駄な勧誘はいらないし、潜在的に欲しているものを提示してほしい。もはやこのご時世、個人情報を知られたくないなど言ってられない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中