コンサル一年目が学ぶこと

社会人になる前に読めて本当に良かった。

 

 

就職先がコンサルというわけではないが、コンサルでない人でも必ず読むべきだと思うし、他の友達にもぜひオススメしたい本である。

 

就職前のこの時期は、自分が本当に社会人になって活躍できるのかと不安になる人も多いと思うし、自分もそのうちの1人である。不安だからこそ、いまできる準備をしようと思い、暇な時間があれば本を読むようにしている。そんなときに見つけて、コンサル1年目がやるべきことを学べれば、役に立つのではないかと思い読み進めた。

 

インターンなどをしていて、注意されたことなども書いてあり、もう一度意識し直すことができた。「考え方を考える」については意外と難しいと思っていて、答えまでの道筋は経験を積んでいかないとすんなりと出てはこない。しかし、それでも考えることが大切なのだろう。これは仮説思考にも言える。

実際のコンサルの考え方以外に、コミットメントなどとても大切なマインドの部分を学ぶことができたのは大きいと思う。

 

一番この本のオススメ部分は、大切な部分が強調されていて、その部分を意識して読むことができることである。さすがコンサルの方が執筆しているだけあって、読者をとても意識して編集されていると感じさせられた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中