読まない方がいいよ、けど面白い本の紹介

 

最近ハマっている漫画でわかるシリーズ。本を読むのが遅い自分としては、漫画だと深い考察は難しいかもしれないが、簡潔に要点を把握できるので、たくさんの知識量が欲しい自分にはぴったりかもしれない。こういう行動に関することに関してはいくら本で理解を測っても、行動に移してみないとわからないことの方が多い。

今回は『伝え方が9割』。自分に関して話すと、昔よりかは考えることを意識するようになったが、それでも発する言葉については、まだ工夫ができていないと感じさせられる一冊になった。今回の記事では題名に気を使ってみた。色んな人に読んでもらいたいってわけではないが、題名で気を引くことができれば、本の内容を行動に移せている証しなのかもしれない。

DSC00440.jpg

ビジネスに関せず、広く私生活に使えることも多く、高校生あたりで読んでおけば、もっと世渡り上手になれるだろうなと思ったが、口が上手くなり性格もねじ曲がった人になりそうではある。しかし知らないよりは知っている方がいい。

題名にある通り、読んでほしくないけどというのは、この技術を話の受け手が知っていると、「あ、こいつ本読んだな」みたいに思われそうで嫌だなと思ったから。自分だけの技術にしたいものの、それでも情報なんて秘密にしておくこと自体この時代に即していないので、この場で書いてしまった。

 

次は何読もうな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中