Techcrunch Tokyoを少しだけ見てきました

Techcrunch Tokyoを少しだけ見てきました

 

n59cE4+hSuaC7p6%JHDpGA

 

私はリクルートスーツのまま、スタートアップバトルのファーストラウンドとProductUpdateを見てきました。

 

どちらもなかなか面白かったです。

スタートアップバトルに出てきた企業は目の付け所がいいなという印象でした。どうアナログの場面をデジタルに変えていくかがキーの気がしました。また、連続企業家という方ではなく、実際に業界で働いていたからこそ思いついている内容のものが多く、実際の業務にこそフラストレーションの発見があるんだろう。面白かったのは、農業というthe手作業みたいなところにロボットを持ち込んだinahoや業界で不動産業界ならではのめんどくささをなくそうとするRESTAR、そしてMUSCAですね。

まさかMUSCAが最優秀賞をとるとは思っていなかった(笑)思っていなかったので、あまりメモをしておらず、しっかりと覚えていないが、たしか普通に内容は面白いもので、ハエを使って畜産糞尿を肥料に変えるというあまり聞かない昆虫テックという分野のスタートアップである。発表していたのが女性と、まずそこで注目が行きますし、またこの人が綺麗なんですよ。遠目ではありますが。暫定CEO?の流郷さんという方で、日本男児の私も負けていられませんね。

実際にプラントをいくつか用意するということであったが、どのように回収をして回るのだろうか。inahoでもあったが、とりあえずはまず半径30分以内の範囲だけで始めるというのも面白いと思った。将来的にMUSCAの肥料だけで育てたものをプライベートブランドとして出しても面白いと思うし、これからの成長が楽しみです。

 

次にProductUpdateですが、ここでは去年バトルに出場したスタートアップがどこの1年でどのように成長したかを示す場であり、さすがだなと思ったのが、助太刀です。

images

前にインターン先の社員さんが、いろいろなスタートアップの大会に出て、賞を取りまくっていて気に入らんわって言ってたのを思い出しましたが、さすがのマーケティングって感じでした。

助太刀は建設現場と職人をつなぐマッチングサービスで、最近確かにCMでよく見るなという印象。まずはインパクトだということで、あのサンドイッチマンの広告を使ったらしいです。とことん現場の職人さんに寄り添っていて、職人さんはクレジットカードの保有率が少ないということで、それならカードを作ってしまえとなり、VISAを作成。しかしそれだけに止まらず、そのカードで決済できるようにECにも乗り出すという。成長スピードがとてつもなく早くて、株買いたくなりますね(笑)

実際に登壇した社長室室長という肩書きの大塚さんは去年の助太刀のピッチを観客側で見ていたという人で、その後すぐに我妻さんに連絡して就職したという行動力の持ち主。

 

僕もそのくらい行動したくなるような企業に出会いたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中